2016年06月20日更新
「ラオックス卓球ジャパンオープン」荻村杯2016

17日、続き…
3コートでは、準々決勝女子ダブルス「李皓晴/帖雅ナ」対「劉詩ブン/朱雨玲」戦!
○劉詩ブン/朱雨玲 3 (8.4.6) 0 李皓晴/帖雅ナ

途中で隣の1コートでは、男子ダブルス「丹羽/吉村」対「馬龍/許機彑

○馬龍/許 3 (6.−10.8.8) 1 丹羽/吉村

スコアーからしても、互角の試合をしていたようなのですが…。
途中「吉村選手」の背面打法が飛び出し、会場は“ウォー”と盛り上がる!(2点ほしい〜)
しかし、次のプレーでミスが出てしまい、勢いに乗れず勿体ないなかった〜(プラマイ0に=)

他の準々決勝
◆女子ダブルス
 ○鄭怡静/黄怡樺 3 (5.9.−5.13) 1 サマラ/スッチ
 ○丁寧/李暁霞 3 (−9.11.4.9) 1 杜凱栞/姜華君
 ○ユー・モンユ/周一涵 3 (−9.5.7.9) 1 浜本由惟/早田ひな

◆男子ダブルス
 ○荘智淵/黄聖盛 3 (7.10.9) 0 鄭栄植/李尚洙
 ○カルデラノ/ツボイ 3 (−5.−8.5.9.6) 2 シェベリ/Kカールソン

国際大会ということもあり、観客席は“チャーヨー”など多国語の声援が飛び交っています
隣に座っていた殿方は、関西弁のような話し方(黄鎮廷選手の試合が何コートでやるか聞いたところ)

日本の各地からも観戦しに来ているのでしょうね
二時半ごろになり「女子シングルス」が始まりだす

 ○帖雅ナ 4 (−6.−9.−4.12.9.8.8) 3 周一涵

1回戦で「福原愛」選手に勝利している「帖」選手。
左膝にテーピングや右膝にはサポーターが痛々しい
ボールを拾いに行く姿もゆっくりと、自分のペースを守っているのでしょうか??

しかし、3ゲーム連取されるも4ゲーム目はジュースで粘り勝つ。
ここからは、帖選手のカウンターにも拍車がかかってきたよう!
ベンチコーチも“へぇ〜”みたいな表情で感心していたご様子(^^)!

「体調があまり良くなく思うような練習ができていないという」福原選手の記事を目にし、
とても心配ですが、両者とも試合巧者の「帖」選手に敗戦してしまいました。

メイン1コートでは「石川佳純」対「鄭怡静」

これまたラリーの応酬で見ごたえのある試合展開。
石川選手が…というよりは、鄭選手がランキング以上に力のある選手に思いました。
準々決勝戦ではシンガポールの「馮天薇」選手を破っており、日本のライバルがまた増えてしまったようです。

次に「伊藤美誠」対「丁寧」戦

「ミマちゃん」の試合運びは、クールでタンタンとして落ち着き放っているよう。
あの落ち着きはどこから来るのか!?
前陣で放つアタックは、女王「丁寧」選手も下を巻いている!?
しかし、今大会の丁寧選手のパワードライブ!強烈でした!!

 ○鄭怡静 4 (−9.−1.9.9.9.−8.4) 3 石川佳純
 ○丁寧 4 (7.4.−10.9.4) 1 伊藤美誠

…まだ続く