2016年09月08日更新
卓球、ボールの回転を見る

中国ペンになってから、ペンショートをなるべく使わず、裏面打法の練習を重ねていました。
以前は、ショートの練習と裏面の練習を交互にやっていましたが、いざ試合になると…
試合の大半が、ペンホールダーの時のプレーになり、中々練習しているものが
確立できません!!
そこで、ショート練習は封印して、裏面バックの練習を重ねました。

久々に練習試合をしたのですが…
今度は、少々の回転には、裏面でのレシーブは成功しました。
相手は、だんだんフォアよりコースへサーブを出してきました。
これは、フォアドライブやフォアツッツキ、フリック、ストップで
レシーブすればいいので問題ありません!!

問題のなってきたのは、卓球で相手のサーブを見ていて、上回転か下回転か?
上級者では、フォームを変化させて、回転をわかりにくくするフォロースルー
カットマンの返球で、下回転がかかっているか、かかっていないのか?
を見分ける方法を知る必要が出てきました。

日本の丹羽孝希選手のように、チキータ技術を磨ければ、
大体の回転には負けないでしょう!!
ですが〜私には無理のようなので、回転を知る方法を文字に書いてみました。

その前に回転の性質を見てみましょう…
卓球がうまくならない人の中には、回転への理解が抜け落ちている
卓球は回転への理解なしに、うまくなることは不可能です。
どんな球にも回転がかかっています。
……と教本にも書かれていました(T_T)


では、回転の性質を理解してみたいと思います。
※ラリーの回転…前に進む回転がかかっています。卓球で一番よく見られる
回転だと思います。
  (ロングサーブなんかもだいたいこの回転ですね)

※上回転(アップ回転)…前に進む回転(前進回転)が強い球。
  (ドライブの回転や、サーブにこの回転が良く使われます)
  (レシーブにはラケットをかぶせることが必要になってきます)

※下回転(後進回転)… 前進回転の逆。あてると下に落ちてネットにかけてしまう回転。
  (この返球には、ツッツキをして、下回転さらに強い下回転で返す)
  (下回転に負けない前進回転(ドライブ)をかけて返す)

※ナックル回転…ラリーの回転と下回転の間の回転で無回転と呼ばれます。
  (不規則に揺れる打球を含んでナックルです)
 ・無回転のボールは空気抵抗をほとんど受けず、不規則に揺れるので、
  ナックルに対処は難しいが、基本は振り切ってしまえば入ります。
 ・ただ中途半端に打ったりすると、落ちて、ネットに引っかけたりします。
  ツッツキをすると、浮いたボールが返球されてしまうかも知れません。


問題の見分け方としては… ´↓の3種のようです。

 .棔璽襪離沺璽を見る方法
 ボールのマークを見て回転方向、回転量を見分ける。
 ( 回転量が少ないとマークが見やすく、多いと見えにくくなります)
  しかし、ある一定以上の回転量になると見分けるのが困難になります、
 その場合はボールの軌道で見分ける。
 若いころには、マーク追えましたが、今は目がついていきません^^;
 

◆.棔璽襪竜案擦鮓る方法
:下回転だと空気抵抗の関係で浮き上がるような軌道になり
加えて下回転だと台との摩擦で止まるようなバウンド

:上回転だとおじぎをするような軌道になります。(回転量が多いほど顕著になる)
上回転だと伸びるようなバウンドになります。

: 無回転だと浮きもおじぎもせずスーっと飛んできます。


 相手のフォームで判断する方法
 慣れた相手であれば、出し方のくせを盗めると思います。(初対面の相手では難しい)
 又、この方法で判断したとしても、あくまでも推測の範囲です。、
 最終的にはマークや軌道で判断した方がいいそうです。
 
 ※上級者だとフォームを色々変えてくるので、判断は至難の業、
  私は軌道しかないようです(^^)
 

要するに、
1つはインパクトの瞬間をしっかりと見る
2つ目はボールの飛び方で判断する
3つ目は、練習、試合で慣れていくしか無いのでしょうね(*^^*)