2016年12月07日更新
2016「世界ジュニア選手権大会」

団体戦アベック優勝を挙げた「日本代表チーム」
個人戦もこの勢いをそのままに行きたいところでしたが、厳しい戦いもあるようです。

女子シングルス「伊藤美誠」選手2回戦…。
韓国の「金裕珍」選手に、4−3(8.−10.−2.10.−7.8.4)で惜しくも敗退。

男子シングルス「木造勇人」選手2回戦…。
ルーマニアの「シポシュ」選手に、4−3(−8.6.−9.14.11.−7.9)で、
「龍崎東寅」選手2回戦…。
アルゼンチンの「チフエンテス」選手に、4−3(3.−10.8.−14.5.5)の敗退となっていました。

女子シングルス準々決勝。
「平野美宇」選手の対戦相手は、中国「石洵瑶」選手。
この1戦は4−0と一方的な試合となり、平野選手のベスト4入りはできませんでした。

1G目
相手のボールに力があるのでしょうか、上手く抑えきれずオーバーミスが目立ちました。
(5−11)
2G目
1−7となりミドルよりから出していたサーブをバック側から変えるも流れは変わらず。
サーブも少し甘く入っているのでしょうか、先に攻められるパターンが多いいようです
(5−10)

3G目
このゲームはレシーブミスも多くリズムが取れていないようです。
ラリー戦になれば得点になっているのですが、最後もレシーブミスで終わっています。
(7−11)

4G目
サーブも少し長く入り中国選手のFDを止め切れません。1−4となりタイムアウト。
投げ上げサーブに切り替えリズムを変えたいところでしたが、
中々サーブから攻め切れずエッジボールやネットもありましたが、ザンネンな試合となってしまいました(3−11)

「加藤美優」選手は女子シングルスでベスト4入りをしており、「平野美宇」選手と対戦した「石洵瑶」(中国)選手と決勝をかけて戦います。

男子シングルス、ベスト4入りを決めた「張本智和」くん!
フルゲームの末勝利した準々決勝!
相手はフランスの「カサン」選手(右シエイク攻撃型)

1ゲーム目は、後半ミスが目立ち逆転負け
×張本(9−11)

2G目は、張本選手はコートから下げられると前で戦える強さが発揮できないため、このパターンではほとんど得点できていませんでした
〇張本(11−6)

3G目。×張本(9−11)
4G目。〇張本(11−3)

5G目、張本選手は台から下がらず、前にはりつき相手を左右に揺さぶります。
一進一退の試合展開、互いに甘いストップレシーブには踏み込んでフリックレシーブを決めてきます
〇張本(13−11)

6G目、このゲームは前半から「ハリバウアー」が増してきているからでしょうか?中盤少々お疲れ気味?追いつかれて尻つぼみしてしまいました。
×張本(8−11)

7G目、最終ゲームも点差は大きく広がることなく進んでいきます。
張本選手も相手の打たれたボールを前でしのいでいきますが、先に仕掛けてからの展開が有利になっているようでした。

張本選手のサーブミスで7−7となり嫌な雰囲気になりましたが、集中を切らすことなく接戦を制した怪物「ハリモト」君
〇張本(11−8)

どの試合も厳しい戦いが予想されますが、まだまだ「ハリバウアー」見てみたい!(^^)!