2016年12月08日更新
2016「世界ジュニア選手権大会」

なななんと「張本智和」選手!
男子シングルス優勝を決めましたぁぁぁ!!

フルセットまでもつれた大接戦!
勝利の女神がほほ笑んだのは、我が日本代表の「はりもと」君でした。

◆男子シングルス決勝戦

〇張本 4(−7.−9.6.10.8.−7.7)3  趙勝敏 (韓国)

決勝戦リアルタイムで覗いてみました。

「趙」選手は、左利きシエイク攻撃型。

1ゲーム:
この試合もバックブロックが好調のようです。しかしながら、対戦相手の「趙選手」
バックハンドの威力があって少し下がり気味になり、、それに加えてストップを混ぜられると、若干台との距離感が合わないようでした。
(×張本 6−11)

2ゲーム:
趙選手このゲームも勢いが止まらない、前半0−6と張本選手を引き離していきました。
しかし、相手が9点を取ったところからズルズルいかないところが、強さの秘訣なのでしょか
(×張本 9−11)

3ゲーム:
前のゲーム追い上げながらも落としてしまいましたが、次につながる負け方をしたことにより
このゲームはフォア前のサービスから3球目攻撃など、戦い方にリズムが出てきました。
フォア前などを中心にサーブを出していましたが、その長さも丁度よく「卓球台から出るか出ないかのサービス」で先行した戦いができていたようです。
(〇張本 11−6)

4ゲーム:
第4ゲームは、ラリーの応酬で観客の皆様を沸かせるプレーが前半多く見られました。
10−7と張本選手のリードで得点が進み、ここから趙選手が10−9と追い上げてきました。
ここで日本ベンチのタイムアウト!

そこから10−10.張本君の絶妙な台から出るか出ないかのレシーブで11−10
次にサービスエースで得点!接戦を制しています。
(〇張本 12−10)

5ゲーム:
ここからの張本クンのツッツキレシーブが多くなりました。
とても切れていそうなサービスに対し、持ち上げさせてからの展開が見られてきます。
ブロックが好調なだけに、趙選手にはとても有効に効いているようです。

このゲームも一進一退のゲーム展開です。
8−5.8−6.8−7.8−8.9−8.10−8
(〇張本 11−8)

6ゲーム:
ゲームカウント3−2と先行されてしまった「趙」選手。
張本選手にブロックされるも、持ち前のフットワークの良さと
回転量のあるバック・フォアドライブで、このゲームを奪取しました。
(×張本 7−11)

7ゲーム:
最終ゲームサービス・レシーブの長さが絶妙で、先に攻めさせない展開。
自分の土俵で勝負ができているようでした。
4−1とリードし、ここで韓国サイドはタイムアウト。

5−1、張本君の「3球目攻撃」バックストレートに決まります。
しかし、ここから怒涛の反撃が始まりました、5−2から7失点。

一気に流れが変わってもおかしくないのですが、やはり怪物クンなのでしょうね。
7−7.8−7.9−7.10−7
最後は回り込み、バックストレートに決めました。
(〇張本 11−7)

水谷選手ばりの「倒れこみパフォーマンス」で勝利の瞬間を表現していました。

まだ13歳!

もう〜どれくらい伸びるんだろ=と、嬉しくなるくらいの悲鳴が出ちゃいますね(^◇^)

また、今日(12/8)から「2016 ワールドツアーグランドフアイナル」が11日までドーハで行われます。

「張本智和」選手も参加しており、12/9(日本時間24:30〜)U21シングルスの試合が始まります。

技術もさることながら、体力的にもタフさが求められてくるのですね。