2017年05月02日更新
集中力を鍛える!!

最近、ラリーが続くプレーが多くなってきた中での試合では、終始集中力を切らさないようにしなければなりません。
では、この集中力の持続を身につけるにはどうしたらいよいのでしょう〜
卓球教書で、集中力の鍛え方を目にしました。

簡単に言うと「こころを鍛えて勝つ」という事なんですネ!
試合から「心」が離れてしまう時は「もう少しで勝てる」と考えていませんか?
試合が終わっていないのにもかかわらず、勝利が見えてきた途端に、何故か安心してしまいますね。
こんな事、皆さんにもありませんか??

では、対戦相手の心境は…
このままであれば試合に負けてしまうので、今まで以上に積極的にプレーをしてきます。
積極的に勢いのあるボールで打ち返されてくるようになります。

試合終了前に勝てたと、錯覚して安心てしまうと、この強打に対応できなくなると言うのです。
そしてリスクを避け、防戦一方になると、ミスを連発し、勢いづいた対戦相手のプレーは止める事が出来なく成ります。

勝ちが見えて来た時の選手の気持ちには、2つのタイプあるといいます。
皆さんはどちらのタイプですか?
〇邱腓鬟蝓璽匹靴討た作戦や気持ちを維持して、最後まで強気で攻める選手。
▲蝓璽匹鮗蕕蹐Δ箸垢覽せちが強くなってしまう選手。

,料手は…常に良い成績を残す為に、最後まで最善を尽くすプレーヤー。
△料手は…ある程度良い所迄行くが、最後には破れてしまうプレーヤー。
これでわかりますね〜
審判員がマッチ終了をコールする迄は、試合は終わりにはならないのです。(-_-)

「勝たなければならない〜〜」と考えるとプレッシャーに成る。
みんな、練習ではどんなに苦しくても勝つために、積極的に取り組むものです。
しかしながら「試合に必ず勝たなければならない」と考えると、絶対に失敗は許されないと考える様に成ります。
その緊張(プレッシャー)が、心のスムーズな判断能力と身体の柔軟性が奪われてしまう事になります。

そんな状態が、普段、簡単に返せているボールすらネットに掛け、オーバーを引き起こしてしまいます。
ここが勝負だと、新しく生み出したサービスを使ってミス…
万事休す〜〜
こうなると、気持ちだけ先行してしまい、試合の流れが掴めず、焦る気持ちだけが膨らんで、更にミスを誘発。

まさに私かな(^_^;)

試合へ意識を向けて集中するためには…
「もう少しで勝てる」「勝たなければいけない」は「勝つ」という希望を抱いている架空の意識。
架空である以上、現実の起こっている事から意識が離れてしまっている。
試合終了まで「どうやって得点できるかだけ」を考えて積極的にプレーすることが大切。

最後の一点まで、決して諦めず試合に望む事が「最善を尽くす」ということ。
最善を尽くした試合は、勝ち負けに関係なく、次への強化すべき課題が見つかる事に成るでしょう☆彡