2017年08月17日更新
フォア前に来たサービスをレシーブしてラリーに!!

試合で使われるサービスは、長くロングサービスとフォア前に小さいサービスが多いと思います。
このパターンで、試合を成功させるための鍵を目にしました。
レシーバーとして、フォア前を厳しくレシーブできるかどうかが、相手のパターンを封じ込める鍵と言います。

構えが後ろのカットマンでは、常にフォア前は意識が相当 頭にあると思います。
その他の戦型戦ではどうでしょうか?

●初めに、フォア前に来た下回転サービスをクロス(右利き相手のフォア)へフォアハンドでツッツキレシーブのポイントでは…
,海離譽掘璽屬蓮右足を小さく1歩前に出す。
⊆,忘限⇒右足の順に足を運び、フォア前のボールに体を近づける事が先決。
フォア前に動いたら、ラケットを斜め前に振り下ろす様に動かしてツッツキををします。

※このパターンの成功は、厳しくレシーブできるかにあります。

●厳しくレシーブするには…
々發ぢ乃綸世鯀世辰謄棔璽襪留Σ爾髻峅,考佑法彗任繊▲好圈璽匹速いツッツキを相手コートのフォア側に厳しく狙う。
△海陵佑法∩蠎蠅鯊腓く動かし、ラリーの主導権を握ります。


まとめとして〜
フォア前にサービスが来たら、ツッツキでクロスに厳しくレシーブして、ラリーの主導権を握る。
足は細く動かしてフォア前に動き、体をボールに近づけて、高い打球点を狙ってラケットを振り下ろす。
この時ボールの下をこするのではなく、押すように打つ事がポイントに成ります。
準備で曲げていた「肘」を伸ばす勢いで鋭くスイングし、スピードの早いツッツキを送ります。


試合で実践して勝利しましょう☆彡