2018年05月13日更新
日本卓球!!  打倒中国に燃えて…

世界卓球2018では、一番手を任された伊藤美誠選手は劉詩ブン選手を見事やぶった。
平野選手、石川選手は1ゲームを取ることもできずに中国に負けてしまった。
試合後、伊藤選手達は「今まで中国に負けたらしょうがないと思っていた、今はめちゃくちゃ悔しい。」などとコメントしている。


ワイド!スクランブルでの放送では〜 
中国の強さに迫っていた!!
中国の育成法は”人参作戦”&”コピー選手”!?だという。

人参作戦  人参をぶら下げ作戦
々臀表蠅覆匹如▲薀鵐ング上位、下位の選手では、食べ物に差がついている。
ランキング下位…1階の食堂で豚肉を食べる??

◆疋灰圈質手”で対策作戦
他国の強豪選手に似た選手を、国が”コピー”として指名
:プレーを徹底的にコピー  
:用具しぐさまでコピー
その選手と戦わせることによって、苦手選手をクリアしていく。
昔から、中国は遣っていて、何人も造っていたという。

代表的な例として、福原愛選手のコピー選手と元日本代表の樋浦礼子氏は練習した経験を語っていました。
確かに、背丈も似ていていますし、雰囲気も似ているし、使っているラケットの用具なども一緒にしていた。
”サア〜”とはいわなかったです(笑)  本当にそっくりでした。

今は、平野美宇選手ですね!  伊藤美誠選手のコピー選手は造りにくそうです。

打倒中国に燃えて3選手の声…
伊藤選手は「今迄中国に負けてもしょうがないと思っっていた、今はめちゃめちゃ悔しい」
平野選手「技術は負けていないが、作戦が上だった」
石川選手は「やっぱり負けた事というのは、チームとしても凄く悔しいので次またリベンジできるよう頑張る」


中国に近づいてきた日本では、2年後の東京オリンピックにはどんな事が必要でしょうか!
2年あると考えるのか?  2年しかないと考えるのか?  それぞれですが〜

伊藤選手が、中国選手に勝ったみたいに、トリッキーな技をこれから試合でも発揮できる
例えば…チキータみたいな技術が試合でもどんどんできるできればと樋浦さん。

平野早矢香さんは、「発想力」が必要だとし…
「伊藤美誠選手は、普通の選手じゃ想像できないプレーを要所々々で出している。
どの選手もやらないようなことを練習の中で…そういう事を伊藤選手はできる。
小さい頃から、明確な目標を持っている…そこが違う。」などと話していました。


帰国会見では、「思い出に残っている試合は?」のインタビューに…

石川選手…
準決勝のキム・ソンイ選手と戦って試合が、凄く思い出に残っていて、凄く苦しい展開だったが、リオ五輪の負けをリベンジしたいという思いと、団体戦で、色々なハプニングがあった試合でもあったが、チームとしても負けられないという中で勝てたという事は、大きな自信にも成り、本当に良かったなと思った。
チームワームで勝った勝利だと思いました。

平野美宇選手…
やはり、私も準決勝の試合が印象に残っていて、相手のチームが強く成って組まれてきたので、3番の選手が誰が来るのかわからないなと、直前まで思っていたし、3番で最後終わらせないと、という気持ちの中で取れたので、そこが強く印象に残っています。

伊藤美誠選手…
私は、決勝の劉詩ブン選手と対戦した時、
やはり、中国選手相手に最後のセット、挽回勝ちでき事はものすごく自信に成りました。
中国選手に挽回できたということは、本当に我慢強さがレベルアップしたなぁ〜と思っているし、自分の実力も上がったと確信できたので、ものすごく自信になった試合でした。


決勝迄、全勝で勝ってきた日本女子チームは、東京オリンピックへの希望が持てる世界卓球でした。