2018年06月03日更新
2018 ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン

写真:2018 ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン

中国の深セン(5/29〜6/3)で行われているワールドツアーの結果が入ってきました。 
残念ながら、男子シングルスはあと一歩で、決勝の場面を観られそうでしたが、進出したのはやはり中国の二人でした。

決勝は6/3日本時間の22時から行われます。
決勝カードは、男子は「 樊振東 vs 馬龍」戦です。
女子は、「丁寧 vs 王曼─彑錣任后「6/3(日)21時10分〜(日本時間)」

男子シングルス
<2回戦>
丹羽孝希 4-3 ピッチフォード
水谷隼 4-3 黄鎮廷
張本智和 1-4 林高遠

<準々決勝>
・丹羽孝希 1-4 樊振東
9-11.6-11.10-12.11-9.311
・水谷隼 3-4 林高遠
11-9.4-11.11-8.7-11.14-12.3-11.8-11

張本選手は、元世界王者の張継科選手(中国)に快勝しましたが、林高遠選手に1ゲームしか取れず1−4で敗戦しました。
次の準々決勝では、この若い「林高遠選手(中国)」に敵討ちとばかり挑んだのは、「水谷隼選手」でした。
ゲームカウント3対3のファイナルゲームでは、水谷選手の方が順調に戦っている様に観えました。
ファイナル後半で、林高遠選手の勢いが増してきたようです。
8−9でそのまま2本を奪われ負けてしまいました。

女子シングルスは、芝田沙季選手と 伊藤美誠選手が準決勝まで中国を追いかけましたが、二人で1ゲームしか奪えませんでした。
準決勝の結果は、
「芝田沙季 0 VS 4 丁寧」
「伊藤美誠 1 VS 4 王曼─廚任靴拭

女子決勝は、「丁寧 vs 王曼─彑錣箸覆蠅泙后
丁寧選手の壁は、強くて頑丈です!!

参考まで…
試合観戦していて、気づいたのですが…選手達が転がっていくボールは拾いにいかないで、審判からボールを投げてもらって、試合を進めています。
テニスと同じ様に、子供が拾っていました。
時間短縮に成っていいと思いました。
試合前のボール選びなどせず、一個一個のボールの違いなど気にせず、試合をしています。