2018年06月22日更新
現代卓球(プラボール時代)の進化でのフォアハンド最先端技術!!

写真:現代卓球(プラボール時代)の進化でのフォアハンド最先端技術!!

プラボール時代に入って、また卓球の進化、プレーや道具の疑問に中々答えが出ていない侭、10年近く経過しています。
しかし、世界卓球等トップ選手達の新しいプレーを眼にすることが多くなってきています。
それに伴い、壁の厚い中国の壁をよじ登り始めてもいます。
最近のテレビ放映では、別の競技を観ている気さえもしてきます。

そんなとき、トップ選手の松平健太選手のコーチである「坂本竜介氏」の教えを目にしました。
卓球はこの10年、15年で驚くほどの変化を遂げていると「消えた天才坂本竜介元選手」は言います。
この現代卓球の教えや動画を観て、改めて、世界大会の選手のプレーが納得できました。
教えでは、上級クラスのものであったり、本質の基本であったり、どれを取り入れられるかはそのレベルで考えたいですね!!

坂本コーチは…現代卓球とは〜
現在は、大変ラバーが進化してきています。
ボールも良く弾むように成った。
ラバーを活かす事で、より強烈な回転がかけられる様になってきています。
結果、ラリーのスピードは以前よりもぐんと早くなり、卓球をやる距離はもっと前へ、打球点も昔より早くなる。
同じフォアハンドでも、「全く別の技術」に進化していると言えます。

現代は、バックハンドが主流になっている。
バックハンドが打てるかどうか需要なポイントですが、
今も得点を決める7割〜8割を締めているのは「フォアハンド」と言われている。
このフォアハンドをマスターできたら、速いスピード球が、振り遅れる事がなく、
楽に試合に勝てるようになるそうです

「一番試合に直結し、勝てるようになる技術」
現代卓球のフォアハンド…
。韻通棔現代のNGは、三角形を作っていては、現代卓球のスピードについていけない。
「速いスピードに対応する為に、無駄な動きがなくなりコンパクトになった」
「イチ、ニ、サン」と3点の動きが「イチ、ニ」と2点の動きに変わった事で、
スイングは1秒近く早くなっている。

■欧通椶諒儔修蓮嵒の位置」が間違っているかもしれない。
「肘の位置」にも色々な考え方があり、多くの方がベスト位置がわからずにいる。

現代卓球のフォアハンドに適した肘の位置であるのは…
:「肘の位置」は近すぎず、遠すぎず
:「こぶし一個分」または「テニスボール」が、《脇の下に入る位置》が、
もっとも現代卓球のフォアハンド技術に適した位置であるという。

肘の位置が近いと、可動範囲が狭くなり、ラケットの面が外を向きやすく、
クロスを狙ってもクロスに打てず、真ん中にばかり行ってしまう。
また、逆に、肘の位置が開いてしまうと、ラケットの面が中を向いてしまい、
サイドに切れるミスが多く成ってしまいます。

「脇を締めて体にくっつけた方が良いのか? 離した方が良いのか?」
迷っていたらテニスボールで試してみては(^^)

フォアハンドドライブ、フォアブロック等、個々の技術の進化は??
●フォアハンドドライブ
「旧卓球」・上回転ボールに対してドライブは使わない ・山なりのボール
「現代卓球」・上回転ボールに対してもドライブで返球する・直線で攻撃的なボール

●フォアハンドブロック
「旧卓球」・完全にとめるだけの守備
「現代卓球」・少し押し出すようなイメージで攻撃的に振る

●フォアハンドフリック
「旧卓球」・フォームが大きく手首を多く使う
「現代卓球」・フォームを小さくし手首はあまり使わない

●フォアハンドツッツキ
「旧卓球」・バウンドして落ちてくる所を打つ
「現代卓球」・バウンド直後を打つ 
      ・バックスイングをせず、攻撃的なボールを返球する

●フォアハンドストップ
「旧卓球」・ただ、触るだけの無回転
「現代卓球」・少しスイングして回転をかける

*スイングは、無駄な動きを削ぎ落としコンパクトに!
そして、守りの技術は、振りを小さくする事で、より攻撃的に!
もはや、同じフォアハンドでも、「全く別の技術」に進化していると言える。

取得したい、学びたい場合は〜
プロの試合をよく観察し「目で盗む」又は、「見よう見まねでやってみる」という方法しかないそうです。
できる事から、少しずつ現代卓球に近づいていきたいと思います(*^_^*)